ラミューテを楽天

騙されないで!危険なオーガニック化粧品とは

 

食品でもスキンケアでも最近良く耳にする「オーガニック」という言葉ですが、そもそもオーガニックとは何なのでしょうか?
オーガニックについてしっかり学び、あなたに合った肌に良い化粧品を選べるようになりましょう!

 

オーガニック化粧品って?

オーガニック化粧品とは、合成(石油系)界面活性剤などの合成化学物質が
一切使用されていない化粧品のことを言います。

 

もっと簡単に言うと、「植物由来の化粧品」です。
しかも、オーガニック化粧品に使われている植物は農薬も化学肥料も一切使われていません。

 

そのためメーカーは、化粧品が「肌に合わなくて赤く腫れた」や
「使ったら逆にニキビが増えた」「逆に肌が荒れた」といった肌トラブルがおきにくいと謳っています。

 

ここまで聞くと、肌にいいこと尽くめで、危険な感じが全然しないですよね。
オーガニック化粧品、何が危険なのでしょうか。

 

 

いいこと尽くめだけど何が危険なの?

まず、皆さんに知ってほしいのは、ほぼ全ての植物は、
害虫から身を守るために、多かれ少なかれ毒をもっています。

 

もちろん毒といっても、人間を死に至らしめるものもあれば、苦味として感じる程度だったり様々です。

 

では、なぜオーガニック化粧品というものが生まれたのでしょうか。

 

それは、本当に肌に良い効果をもたらすといわれている植物があるからです。

 

例えば、色々ありますが「どくだみ」なんかは、
「炎症を抑える」「抗菌作用」などがあると昔から言われており、「十薬(じゅうやく)」と呼ばれていました。

 

こういった植物を使って化粧品が作られ、オーガニックブームも相まって、
どんどん広まっていったのではないでしょうか。

 

こういった効果があると言われている植物で作られた化粧品なら問題ないのですが、
中には「植物だから」という理由で作られた化粧品もあるのです。

 

それをあなたは「オーガニックだから」という理由だけで「毒」を顔に塗っていたかも知れないわけですから、
想像するだけでゾッとしてしまいます。

 

これからは「オーガニック」という言葉に踊らされないで、
本当の「肌に良い化粧品」を探すようにしましょう。